TOP > ハローキッズ便り

■メインの内容です。

ハローキッズ便り

『もうすぐ春がやってきます♪』

2月3日は節分。行事にちなみ、2日に園内にて豆まきを行いました。

昔は悪い病気や災害が起きるのは、鬼の仕業だと考えられてきました。

この鬼を追い払えば、健康で幸福な生活ができるといわれてきました。

そのため、「鬼は外、福は内」と言って豆をまき厄を払うようになったそうです。

春を迎える前の厄除けです。

園でも、子ども達にわかりやすく豆まきの由来を伝えてから行いました。

赤鬼、青鬼の登場で怖いながらも「鬼は外!」と豆まきをしていました。

鬼を退治した後には福の神が登場し、春を呼んでくれました。

子ども達の心の中にある弱虫鬼、泣き虫鬼などを追い出したので、福の神(春)がきっときたことでしょうね。

3学期の大きな行事である生活発表会では、いろんな気持ちを感じながら友達と共に発表しました。

子ども達の一生懸命な姿や歌声が心に響き、思わず涙が出てしまいました。

生活発表会は、日頃の生活の延長線上にあるものです。

日頃の保育の中で沢山の歌を歌っている子ども達。

歌いたくなったら口ずさんだり、言葉の表現力が広がったり友達と一緒に歌うことで気持ちを通い合わせることができます。

毎日友達と関わりいろんな気持ちと出会い、考え、一つ一つ壁を乗り越えています。

結果も大切ですが、そこにいくまでの経過を一番大切にしたいと考えています。

『今年もあと少し…』

いよいよ師走…平成29年最後の月ですね。

大人は忙しい毎日になりますが、子ども達にとってはクリスマスにお家の予定と楽しいことが続きます。

あっと言う間に新しい年にならないならないように、日々の園生活を楽しみながら12月も子ども達と過ごしたいと思います。

また、年末年始は家族以外の交流も増えることでしょう。

人との出会いが多いと思います。

園では日頃から挨拶の大切さを伝えています。

挨拶する場面が増えると思いますが、子ども達にも沢山経験してほしいです。

そして、お家の方と共に楽しい年末年始をお迎えください。

 

楽しみに待っていたおいもほり♪

秋は、行事が盛りだくさんです!

9月最後の土曜日には、2歳児から5歳児による運動会をおうちの方と楽しく経験した子ども達。

そして秋の味覚とえば…サツマイモです!

食育の一環として栄養士と5歳児は、5月にさつまいもの苗植えを行いました。

苗がどう大きくなっていくのか、おいもはどう育つのかを栄養士の話を聞きながら、夏の暑い日も水やりをしたり草とりもしてきました。

雨が降ってしまい、予定していた収穫日がのびのびになってしまいましたが、本日子ども達の願いが叶い、収穫します!

朝からとても楽しみにしている子ども達。

小さな苗からどんなおいもになっているのか、何を感じてくれるのか楽しみです♪

収穫したおいもは、日を改めて栄養士と一緒にクッキングをします。

秋の味を楽しく味わってほしいです。

『楽しかった夏祭り♪』

8月上旬に園内にて夏祭りを行いました。

何日も前から楽しみにしていた子供たち。

たくさんのてるてる坊主を作って外でできることを祈っていましたが、残念なことに台風接近のため、一部室内でお祭りを行いました。

この日のために事前準備や当日、保育士と一緒にお店屋さんのお手伝いをして下さったこともあり、盛大にお祭りを行えました。

また、今年はイベントをプラスし、保護者の方に参加をしていただいたことでとても盛りあがりました。

ありがとうございました。

一部室内で行ったことで、混雑してしまった箇所もありましたが、保護者の方のご理解ご協力があり、大きな混乱もなく、また、一番は、子ども達が笑顔でゲームに参加していたり、おいしそうに食事をとっている姿が見られ、楽しい時間となったことが伺えました。

本当にありがとうございました。

 

『夏が近づく季節です』

梅雨の晴れ間から、初夏を思わせる太陽が輝いています。

気温の上昇とともに、子ども達は砂遊びや園庭での遊びを楽しんでいます。

園庭に出ると4,5歳児は、みんなで植えた芋苗、なす、トマト、ピーマンの水やりを欠かさずしています。

少しずつ大きくなっていく喜びを一生懸命話してくれる子ども達。

今から収穫が楽しみです。

7月には子ども達が楽しみにしている水遊びが始まります。

水に触れる気持ちよさやおもしろさを体験できるように夏ならではの体験を、思う存分に楽しんでいきたいと思います。

 

■メインの内容が終了しました。 ↑ ページの先頭へ

■メインメニューです。

■ページコンテンツの最後です。 ↑ ページの先頭へ

Copyright 2012 (c) HELLO KIDS. All rights reserved.
山万グループ

■ページの最後です。 ↑ ページの先頭へ