TOP > 教育方針・カリキュラム > 食育への取り組み

■メインの内容です。

教育方針・カリキュラム

食育への取り組み

子どもたちが豊かな人間性をはぐくみ、生きる力を身に付けていくためには、何よりも「食」が重要です。今、改めて、食育を、生きる上での基本であって、知育、徳育及び体育の基礎となるべきものと位置付けるとともに、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる食育を推進することが求められています。

食育への取り組み

1. 「いただきます」・・・食物に対して及び作った方への感謝の気持ち
2. 食を通じしつけを行う・・・はしの持ち方・食べるときの姿勢等
3. 食事の楽しさ・・・ワクワクする気持ち
4. 食を育むことにより、健康を育むことの大切さ 子供の体調を考慮した調理
5. 好き嫌いのない食事・・・バランスの取れた食事

上記を理念とし、更に個々の園児の食物アレルギーやアトピーなどを考慮しつつ毎日・毎月の献立を栄養士・調理士を中心に作成し、安全な食材で園児に食事の楽しさを教えている。

■メインの内容が終了しました。 ↑ ページの先頭へ

■メインメニューです。

■ページコンテンツの最後です。 ↑ ページの先頭へ

Copyright 2012 (c) HELLO KIDS. All rights reserved.
山万グループ

■ページの最後です。 ↑ ページの先頭へ